漢方薬は風邪のひきはじめなどに利用をすることが多いですが、これは実は妊活においてもその力を借りていくことができるものなのです。

漢方薬は身体のめぐりを改善し体質をより良いコンディションへと整えてくれるため、その力によって妊娠しやすい身体へと導いていくことができます。

不妊に悩む場合において、漢方薬は妊活成分などよりも遥かに頼りになる存在となってくれますから、少しでも妊娠の可能性を高めてくれる方法に頼りたいという人はぜひこの力を借りてみることをおすすめします。

そもそも漢方薬ってなに?

漢方薬とは漢方医学によって処方される薬のことで、西洋医学のようなピンポイントかつ即効性のある西洋薬では無く、薬の力によって体質改善を図り体質を少しずつ変化させて、身体本来が持つ自然治癒力・生命力を引き出し体調を整えていくものです。

西洋医学では病気とみなされないような症状においても漢方薬を使い治療していくことは可能で、女性の場合なら生理痛や生理不順、冷えなどの悩みに対してもアプローチをしていくことができます。

また身体の様々な不調に対してだけでは無く、漢方薬は不妊についても効果を発揮してくれるものです。

漢方薬を飲めば不妊症の改善できるの?

漢方薬を飲むことで直接妊娠にアプローチができるというわけではありませんが、妊娠しやすい身体へと導いていくために最大限に有効活用していくことができます。

妊活においては妊活成分を含むサプリメントを利用することが多いですが、そういったもので効果が得られなかったというような場合には漢方薬を利用することでさらなる期待を持つことができますから、ぜひ利用してみてください。

漢方薬は東洋医学に基づくものであり、病院で処方してもらえるものも多いですから、医学的根拠のある方法に頼りたいという人には特にぴったりです。

漢方薬って妊娠前に飲んでも安全?副作用とかないの?

漢方薬の原料は動物や植物などの天然由来なので、一見すると西洋医学の薬のように副作用の心配は無いように思えます。しかし当然リスクがゼロというわけではありませんから、この点についてはよく心得ておきましょう。

漢方薬はその副作用の懸念があまりないことから,妊婦のマイナートラブルを中心に使用されることが多い.しかし,すべての薬が無条件に安全であるという訳ではなく,慎重な対応が必要な漢方薬もある.

漢方薬は上記の通り副作用はあまりありませんが、副作用が出たときの症状は、例えば発疹やかゆみ、蕁麻疹、発熱、倦怠感や発熱、吐き気などの症状が出ることがあります。

注意してね!体質や体調によっては稀に重篤な症状を引き起こすこともあるため、こういった点については注意が必要です。

不妊においてとても有効な手段として利用されている漢方薬ですが、このように安全性については手放しに安心して利用ができるというわけではありません。

しかしこれらの症状というのは普通の食品でも起こる問題であるため、そこまで神経質になって危惧する必要も無いと言えます。医師の処方と説明に基づいて利用するのであれば、妊活には有効な手段として利用していけるでしょう。

漢方薬は妊娠中の治療薬としても使用

漢方薬は不妊に対する体質改善ばかりでは無く、妊娠中の治療薬としても用いられるものです。西洋医学の薬というのはピンポイントで即効性を発するものなので妊娠中にこれを服用すると胎児の成長に大きな影響を及ぼします。

しかし漢方の場合には原料が天然由来ですから、食品と同じ考えで利用し、必要な治療薬としての役割を果たしてもらうことが可能です。

ただもちろん漢方薬による胎児への影響がゼロというわけではありません。そのため妊娠中の治療薬としてこれを利用する場合にも、細心の注意を払う必要があります。

注意を払うって具体的にどうすればいいの?

副作用の可能性があるので、必ず医師と相談の上で活用していくようにしましょう。

漢方薬を用いた「漢方療法」は不妊治療でも用いられる

産婦人科において行われる不妊治療では、西洋医学に基づく薬では無く、東洋医学に基づく漢方薬を処方されることが殆どです。

冷えをはじめとした様々な身体の不調を漢方薬によって改善し、妊活の成果を出していけるよう努めていくことになります。

不妊治療では漢方薬というのは非常にメジャーなので、妊活成分のサプリメントを飲むというのであれば、むしろこちらを利用した方がより有意義とも言えるでしょう。漢方薬は当然医薬品ですから、医学に知識則って、より根拠のある治療に励んでいくことができます。

様々な種類の漢方薬があり、医師と相談の上でより合うと思うものを試すことができますから、上手く利用していけるようにしましょう。

不妊治療の費用は?

不妊治療の費用は?実際の検査や治療方法まとめ【徹底解説】

不妊症に悩む夫婦の数は年々増加してきており、現在では10組に1組が不妊症だといわ……

妊娠に効果があるとされる漢方薬一覧

妊活に利用していくことができる漢方薬には、様々な種類があります。不妊の原因というのは冷えや疲労、ホルモンバランスの崩れなど様々な理由があり、漢方薬を利用する場合はそれぞれに応じた薬を利用していくことが必要です。

いくつかの漢方薬を試しながら妊活に臨んでいくということができますから、希望を持って様々なものを試していくと良いでしょう。医師と相談の上でより身体に合うものを探していってください。

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

生理不順や生理痛、冷え性の改善などに効果が見られる漢方薬です。特に冷え性に関する改善効果が期待できるのがこの漢方薬の魅力と言えます。

体質に合う人の場合飲むだけで生理周期における体温のグラフが理想的な曲線を描くようになったということもあるため、冷えに悩む人はまずこれを試してみると良いとも言えます。

注意してね!冷えは不妊にとって大敵です。身体が冷えれば様々な不調が招かれますし、身体が妊娠をする準備も整いませんから、そのせいで妊娠の可能性をぐっと下げてしまうことになるのです。

妊活においては身体を冷やさないということは絶対に取り組んでいかなければならないものなので、この点はよく心得ておかなければなりません。

妊活において非常に有名な漢方薬であり、血液を増す当帰という成分の含有量が非常に多いですから、血液のめぐりに起因する不調にはもってこいと言えるでしょう。排卵が改善するなど、様々な効果があります。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

疲れ、冷え、貧血、生理痛、生理不順、生理前後の不快症状、不妊症、むくみ、めまいなど非常に幅広い症状に効果を発揮してくれる漢方薬です。

色白で冷え性、痩せ型であまり体力が無い人に向いているとも言われています。

漢方薬は体質に合っていればほぼ確実に効果を得ることができるため、この薬との相性が良ければ様々な身体の不調の改善を期待することができます。

体の不調って具体的にどんなこと?

疲れや貧血、冷え性の改善などが挙げられます。妊活において必要となる体力や温かい身体を手に入れることができますから、とても有意義に利用していくことができるでしょう。

生理不順や生理痛などに悩む場合もとても効果を発揮してくれる漢方薬ですから、不妊以前の問題に悩む場合にも助けとなってくれるでしょう。

生理の調子が整わなければ妊活以前の問題にもなってくるので、妊娠するためのコンディションを整えるためにもこういった薬はとても有意義に利用していくことができます。

温経湯(うんけいとう)

生理不順、生理痛、頭痛、更年期障害、冷え、のぼせなどに効果がある漢方薬です。冷え性であまり体力が無く、唇や皮膚がかさつくといった人に向いている薬です。

不妊治療においては補助的に用いられることが多いですが、身体の基本的なコンディションを改善させてくれる効果を持つことから、妊活においても良く処方されています。

基礎体温の向上に効果が得られることが多く、そのために身体のコンディションが良くなって妊娠に至るといったケースが多いのがこの薬の特徴です。

慢性的な疲労や冷えに悩まされている人の場合は身体の基礎から改善に励むことができますから、非常に良い効果を望むことができるでしょう。

これだけを飲んで妊娠出産に至るという人もいれば他の両方と合わせて妊活に取り組み子宝を授かったという人もいるため、自分にとってどのように利用していくのが良いのかということを考えて使用していくことが大切です。

加味逍遥散(かみしょうようさん)

疲れやすさや肩こり、イライラ感を持つ虚弱体質の女性、不眠症、冷え性、月経困難、月経不順などの症状に悩む場合に効果を発揮してくれる漢方薬です。メンタル面への作用も大きく、精神的に安定させてくれる効果も持っています。

注意してね!妊活というのはどうしてもストレスが溜まるものですが、このストレスは身体の不調を招く非常に大きな要因となります。

いくら栄養や睡眠をとり体力があってもストレスが溜まっていれば身体のめぐりは悪くなり妊娠の可能性を下げることになるので、これは妊活において非常に大きな敵となるものなのです。

この漢方はメンタルはもちろん月経前のイライラや生理周期の安定などに効果を発揮してくれるため、そういった点においてはとても有意義に利用できるでしょう。

不妊のせいでイライラに悩まされているといった人にも向いている薬です。体質に合う場合には、心を落ち着けるための非常に頼りになる存在となってくれるでしょう。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

生理不順、生理痛、めまい、肩こり、頭痛、のぼせ、冷えなどに効果を発揮してくれる漢方薬です。またこういった症状を伴う更年期障害、子宮内膜症や筋腫などにもより良い効果をもたらしてくれます。

血液の流れを良くする効果があるため、生理周期を整えるために非常に頼もしい存在となってくれます。毎月の生理が安定しないといった場合には、これを飲むことで少しずつ周期を整えていくことができるでしょう。

生理周期の乱れは不妊にとって大きな問題ですから、受け皿となる身体のコンディションを安定、万全の状態に整えるために役立ってくれます。

婦人病の多くに効果を発揮してくれる漢方薬でもあるため、子宮内膜症などに悩む場合にもとても心強いでしょう。

妊娠を見据えながら薬を服用し妊活に励んでいくことができるので、非常にありがたいです。病気を抱えながらの不妊においては最も頼りになる漢方と言って良いでしょう。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

滋養強壮、水分循環の改善、炎症の抑制、血行改善による貧血解消、喉の痛みや時の改善、胃腸の働きを良くする効果を持つ様々なエキスが配合されている漢方薬です。

飲むことで身体のめぐりを良くし活力を生み出すことができるため、疲労や虚弱に悩んでいる人にはより良い効果をもたらしてくれます。

注意してね!妊娠をするにはやはり体力が必要で、これが落ちているとどうしても不妊に悩まされやすくなります。

妊活においては肉体的にも精神的にも疲れが出やすいですから、そういった点においてこの漢方薬というのはとても有意義な効果を発揮してくれるでしょう。

特に元気が無く胃腸に疲れを感じていると言った場合にはより良い効果をもたらしてくれます。

またこの漢方薬は性ステロイド系に強く作用する薬であるため、男性の不妊にも効果を発揮してくれるといった特徴があります。精子の動きを活発にしてくれる効果があるので、男性の不妊治療にも多く用いられる薬です。

六味丸(ろくみがん)

身体の弱った機能を補ってくれる効果を持つ漢方薬です。足腰や泌尿器系をはじめとし、下半身に効果を発揮してくれる薬なので、不妊にもより良い効果が期待できます。

体力をつけるためにはエネルギーを生み出す腎臓が健康であることも重要ですが、この漢方薬は腎臓にも働きかけてくれるため、強い身体作りに励んでいくためには非常に適していると言えるでしょう。

身体にほてりがあったり舌に潤いが無いといった場合には、身体が不調の状態にあることが考えられます。

この漢方薬はそういった症状においても効果を発揮してくれるものなので、不妊治療をしていてこういった症状があるといった場合には非常に有意義に活用していくことができるでしょう。

妊活において体力に自信が無い、何だか身体の調子が整わないという際にうってつけの漢方薬なので、虚弱体質や不調に悩まされやすいといった人にも合っている漢方薬です。強い身体を作るために役立ってくれます。

八味地黄丸(はちみじおうがん)

身体の弱った機能を補い元気をつけてくれる漢方薬です。足腰や泌尿器系など下半身に効果を発揮してくれます。

一般的には高齢の人に用いられることが多く、その場合は体力の衰えや冷えの改善を目的として利用されることが多いです。これらの症状は妊娠においても非常に重要な問題であるため、妊活に励む人にもうってつけです。

不妊治療においてこの漢方薬はアンチエイジング効果を目的に処方されることが多いです。

ここでワンポイント身体が若ければそれだけ妊娠もしやすくなりますから、一定の年齢を超えていたり、肉体的な衰えを感じているといった人にはとても良い効果をもたらしてくれます。

不妊治療に用いられる数ある漢方薬の中でも高い効果があると評判で、今まで何をしてもダメだったのに、これを服用したらすんなり妊娠できたというような声も多いです。

漢方薬は身体の体質と相性が合えば非常に大きな効果をもたらしてくれるものなので、試してみる価値は充分あるでしょう。

杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)

六味地黄丸に菊花と枸杞子を加えた処方で、体力中程度、疲れやすいが胃腸障害は無い、尿量が極端、手足のほてりや口に乾きを感じる人の疲れ目、かすみ目、めまい、のぼせ、頭痛、むくみ、視力低下などに効果がある漢方薬です。

不妊治療においては生理の低体温期にこれを用いると効果的とされています。質の高い卵子、内膜を作る手助けをしてくれるので、身体をより妊娠しやすい状態に導いてくれると言えるでしょう。

コンディションが整わなければ当然妊活をしても妊娠の可能性は低いですから、こういった根本的な問題を改善していくために大いに役立ってくれます。

他の漢方薬と合わせて服用されることが多く、その場合により大きな効果を発揮してくれます。

それぞれの漢方薬との飲み合わせについてはもちろん医師の判断に基づいて問題無いよう処方してもらわなければなりませんから、産婦人科でよく相談してみてください。

紫河車(しかしゃ)

現代においてはプラセンタと言われている成分です。動物の胎盤から抽出したものが多く、滋養協作用を持つ他、卵巣や乳腺の発育を促進するといった効果があります。女性の妊娠に必要な全ての栄養を含んでいるとも言われています。

不妊症や無月経などに効果を発揮してくれる漢方薬で、他の薬と併用するとより結果がでるのが早いと言われています。

プラセンタというと美容目的で利用されるものが多いですが、肌のハリツヤだけでは無く身体の調子そのものにより良い影響をもたらしてくれるので、女性にとっては非常に嬉しい成分と言えるでしょう。

ただ、普段から美容目的でプラセンタを利用している場合、漢方薬でもこれを服用するとなると摂りすぎてしまう問題が出てきます。

妊活においては特定の栄養を摂りすぎてしまうというのも良くないことですから、処方を受ける場合には美容目的で飲んでいるものを中断する必要が出てくるでしょう。

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

血液の循環を良くし、宿便の改善、イライラや不安を沈めて気分を落ち着けてくれるといった効果があります。またホルモンバランスを整えてくれるといった効果も持っている漢方薬です。

体力のあるガッチリ系や肥満体質で血色がよくのぼせやすい、下腹部が張り便秘がちといった人に処方されることが多い薬です。

冷えよりものぼせやすいといった人の場合には、体内のめぐりに問題があり、掃除をしなければなりません。

この漢方薬にはそういった効果があるため、このような体質に思い当たり、かつ生理不順や強い生理痛に悩まされている人の場合は、とても有意義に利用することができるでしょう。特に不妊と共に便秘に悩んでいるといった人には、効果的です。

妊活においては身体が冷たくてものぼせていてもいけませんから、調度よいコンディションを保つためにも漢方薬を利用して調子を整えていくことが必要と言えるでしょう。

田七人参(でんしちにんじん)

免疫力の増強、滋養強壮、疲労や衣服や精力増強などの効果を持つ漢方薬です。血液中の酸素の代謝を促進し血液の滞りを改善するといった力も持っており、この点は一般的な漢方薬として大変注目されている部分でもあります。

現代社会においては運動不足や食事の偏り等の理由で血液の流れが鈍くなりがちですが、この漢方薬はそういった問題を改善してくれます。

不妊の問題においても血液の流れを改善することは非常に重要なことなので、より良い妊活のために役に立ってくれるでしょう。また内膜症などを改善する予防があるため、不妊治療中における病気の治療においてもとても頼りになる漢方薬です。

免疫力の増強や滋養強壮、精力増強といった点は、妊活のための強い身体を養ってくれますから、エネルギッシュに活動していけるようになるでしょう。疲れやすくスタミナも元気も無いといった人には、根本的な問題を改善してくれる漢方薬として非常に重宝します。

柴苓湯(サイレイトウ)

吐き気、食欲不振、急性胃腸炎、むくみ、のどの渇きや下痢などに効果を発揮してくれる漢方薬です。

また体内の水のめぐりを良くしてくれるといった効果も持っており、体液全般の流れをスムーズにすることで水分代謝、免疫代謝を上げ、むくみ改善や免疫力向上に努めていくことができます。

注意してね!免疫力の問題は妊娠に非常に大きな影響を及ぼし、この力が衰えていると着床障害などの不妊の問題が出てきます。

少しでも妊娠しやすい身体を作り上げていくためにはこういったリスクをできる限り下げていくことが大切ですから、そういった点ではこの漢方薬や非常に役に立つでしょう。着床障害による早期流産に悩む場合にも、この漢方は効果的です。

漢方薬の中でも比較的不妊治療に用いられることが多い薬です。免疫代謝をあげるという点においてピンポイントに活用していけるため、妊活中において風邪などの諸症状に悩まされることが多いといった人にはおすすめでしょう。

まとめ

妊活においては妊娠を見越して身体を労わる必要があるため、西洋医学に基づく薬というのは利用することができません。しかし東洋医学に基づく漢方というのは動植物を原料とした天然由来の薬であるため、妊活においても安心して利用していくことができます。

食品においても同じことが言えるように、もちろん漢方薬にも下痢や吐き気、蕁麻疹などの副作用のリスクはありますが、これはきちんと産婦人科医に相談のうえで処方してもらうものなので、安心して利用して良いと言えるでしょう。

ただ、薬局などで販売されているものを自己判断で購入・服用するとなるとその限りではありませんので、気をつけてください。

漢方薬は試してみる価値あり

漢方薬は身体をより妊娠しやすい状態へと導いてくれる効果を持ったものが多数ありますから、虚弱体質や疲労、様々な不調に悩まされている人はぜひこの力を借りてみてください。

不妊治療において漢方薬を利用することは非常にメジャーであり、多くの人がその力を借りていますから、大変な頼りとなるでしょう。

体調管理や食事に気をつけていてもだめだったけれど漢方薬の力を借りたらすんなり妊娠できたということも多いので、試してみる価値は充分にあります。

  • 漢方薬とは漢方医学によって処方される薬
  • 女性の場合なら生理痛や生理不順、冷えなどの悩み改善に期待できる
  • 副作用では発疹やかゆみ、蕁麻疹、発熱、倦怠感や発熱、吐き気などの症状が出ることがある
  • 漢方薬は妊娠中の治療薬としても使用
  • 漢方療法は不妊治療でも用いられる